WebDAVで接続する-WindowsXP(~IE7)

※ここでの設定例は、ドライビーID:sample、サブユーザ設定にてサブユーザsub(該当ディレクトリtest)を作成している場合の例です。メインユーザーは該当ディレクトリtestをあらかじめ作成しておく必要があります。

初めて利用をする場合
  1. Internet Explorerを開きます。Internet Explorer アイコン
  2. ツールバーにある「ファイル」項目から開くをクリックし「ファイルを開く」ダイアログを表示させます。(CtrlキーとOキーを同時に押す事でも開きます)※ツールメニューがない場合はAltキーをクリックするか、ブラウザのツール設定より表示をさせる事が可能です。Internet Explorer ファイルバー 開く
  3. 「ファイルを開く」ダイアログが表示されるので、https://sample.drivee.jp/testと入力します。「Webフォルダとして開く」にチェックを入れ、OKボタンをクリックします。「ファイルを開く」ダイアログ ファイルバー 「Webフォルダとして開く」にチェックを入れる。
  4. sample.drivee.jpへの接続認証画面が表示されるので、以下のように入力します。

    サブユーザー sub での認証の場合
    ユーザ名ー sub
    パスワード ********(サブユーザー作成時に指定したパスワード)
    メインユーザーの場合

    メインユーザー sample での認証の場合
    ユーザ名ー sample(ドライビーID)
    パスワード ********(管理ツールログイン時のパスワード)
    ※「ここでパスワードを記憶する」にチェックを入れておくと便利です。

    OKをクリック。

    接続認証画面へ入力
  5. 接続に成功すると、エクスプローラー画面が表示されます。左側「その他」の項目に表示されている「マイ ネットワーク」を開きます。マイネットワークの開き方
  6. 「sample.drivee.jp上のtest」というネットワークフォルダが表示されますので、ダブルクリックします。sample.drivee.jp上のtestへショートカット
  7. 「https://sample.drivee.jp/test/」というウィンドウが表示され、ドライビー for Businessに保管されているデータが表示できるようになります(最初の接続では、ファイルはひとつもありません)。最初の接続では、ファイルはひとつもありません。
以上で設定は完了です。
2回目以降の場合
  1. エクスプローラー画面の左側「その他」の項目に表示されている「マイ ネットワーク」を開きます。マイネットワークの開き方
  2. 「sample.drivee.jp上のtest」というネットワークフォルダが表示されますので、ダブルクリックします。sample.drivee.jp上のtestへショートカット
利用方法
ご利用のUSBメディアやパソコン内でのデータ移動のように、このネットワークフォルダ上にファイルのドラッグをするだけでドライビー for Business上にデータを移動すことが可能です。またフォルダ内のデータ参照や削除なども通常のフォルダやファイルを削除するようにおこなえます!

Copyright© 2011 株式会社プロスナップ/スナッピーフォトストア/はなまる連絡帳 All Rights Reserved.